ダナエが冬にオススメするお花たち:チューリップ、スイートピー、ストック、金魚草

渋谷区青山のフラワーアレンジメントショップ・ダナエです。

今年も寒い冬だからこそ、皆様の心が晴れやかになるようなお花をご用意しております。

今回はダナエが冬にオススメしているお花たちをご紹介します。

どなたかにお花をプレゼントするときお花選びに使える花言葉もお伝えします。

(花言葉には諸説あります。ここではポジティブな花言葉を中心にご紹介します)

チューリップ

チューリップ

はっきりとした色彩と愛らしい形は、存在感ばっちりです。どなた様も親しみやすいお花ですので、お部屋に飾っていただいても長らくお楽しみいただけるのではないでしょうか。プレゼントしやすいお花だと思います。

チューリップの本当の開花シーズンは3月から5月にかけて。ですので、春のシンボルともいえますが、あえて冬のシーズンにプレゼントすれば、春の訪れを感じさせる心のこもったプレゼントに。

チューリップの花言葉

1500年以上前から、世界で親しまれてきたチューリップには、とてもたくさんのカラーバリエーションがあります。チューリップそのものの花言葉は「思いやり」なのですが、カラーによって花言葉の詳しい意味合いが変わります。込めたいメッセージに応じて色をセレクトしてみてください。

レッド系の場合には、「愛の告白」や「真実の愛」です。バレンタインやホワイトデーにはぴったりの花言葉ですね。

ピンク系の場合には、「愛の芽生え」や「誠実な愛」。女性からのプレゼントにお似合いの色と花言葉です。

イエロー系の場合には、「名声」となります。新しい一歩を踏み出す方にいかがでしょうか?

ホワイト系の場合には、「失われた愛」です。ちょっと寂しい花言葉ですが、白いチューリップはお部屋に澄んだムードを加えてくれますよ。

パープル系の場合には、「不滅の愛」。印象に残る色ですので、仲の良い恋人へのプレゼントにぴったりです。

スイートピー

スイートピー

蝶の羽のように可憐な花びらとスイートな香りが印象的なお花です。イタリアが原産のお花なのですが、アメリカやイギリスを中心に愛されてきました。イギリス王室では特に好まれ、晩餐会や式典で飾られていたという歴史もあります。

スイートピーの花言葉

スイートピーの花言葉には、「門出」「優しい思い出」「蝶のように飛躍する」といったものがあります。ちょっと年配の方なら、スイートピーと聞けば歌謡曲の「赤いスイートピー」を連想されると思いますので、定年退職される方に第二の人生の応援としてプレゼントしてはいかがでしょう。

ストック

江戸時代に日本にもちこまれたお花で、「紫羅欄花(アラセイトウ)」という和名も持っています。茎にはたくさんの花をつけるので、とても華やかな印象です。花持ちがよいので、長い間楽しんでいただけるお花です。

ストックの花言葉

ストックの花言葉は主に2つ。「永遠の美」という花言葉は、まさに花が長持ちする特徴に由来しています。もうひとつの花言葉は「あ愛情の絆」です。これは、恋人のもとに通う途中で亡くなったお姫様が姿をストックに変えたという伝説に由来しています。

金魚草

金魚草

金魚のように優雅なかたちから、日本では「金魚草」の名前で知られていますが、「スナップ」「アンテリナム」の名前で表示されていることもあります。食用花としても知られており、お料理の特別感を演出するために用いられることも。

金魚草の花言葉

花言葉は「清純な心」です。実は、ドイツでは、「悪魔を追い払う」という魔除けのお花としても知られています。お部屋に飾れば、明るいムードとパワーを授けてくれるのではないでしょうか。

ダナエの冬のアレンジをご紹介

今回ご紹介した、チューリップやスイートピーを取り入れた冬の季節にぴったりのフラワーアレンジメントをご紹介します。商品一覧ページにある商品はインターネットでもご注文いただけますし、お客様の要望をお聞きしてイメージにあったお花をお作りすることも可能です。

冬のアレンジメント1 冬のアレンジメント2

そのお花を選んだ理由も伝えると想いがさらに伝わります。

今回はダナエが冬にオススメしているなかでも選りすぐりのお花たちをご紹介しました。

誰かにお花をプレゼントするときには、豆知識をもとに「なぜそのお花を選んだのか」を伝えれば、もっと心に残るはず。

フラワーアレンジメントも承っております。お花のことならダナエにお気軽におたずねくださいませ。