男女別!おすすめ御就任祝い花!

渋谷のお花屋さん、ダナエです。

この時期おすすめの御就任祝い花をご紹介します♪

御就任祝いを贈る際に気を付けることは「御就任・ご昇格祝い花のタイミングは?」の記事で紹介しています。

ご参考に♪

お相手様の男女別で贈る生花を選ぶ・変えてみる

贈る花でおすすめは、男性宛、女性宛で雰囲気を変えるということです。

男性宛だと見た目のわかりやすい「明るさ」「華やかさ」「おめでたい感じ」「スケール感」が大事になります。

女性宛だと素直に「好みにあう」「センスいい」「もらってうれしい」が大切になりセンスの良い雰囲気で素敵な花材が入っていると喜ばれます。

贈り先に届くであろう胡蝶蘭に対抗、オリジナル感を出そう

就任祝いというと胡蝶蘭が届くのが定番です。白い胡蝶蘭がずらーっと並ぶ様は圧巻ですが。。

一つ目、二つ目、、とお受け取りの側も「また来た」となりがち(汗)。高い値段を出しても贈り物としての個性が⤵埋没してしまいます。もし残念なことに日にちが遅くなって贈る場合はなおさらもうすでにたくさんの胡蝶蘭が届いている場合があります。もうすでに並んでいる列に一つ加えたところでインパクトありません。

生花にしたほうがフレッシュ感と珍しさで良い印象となりますよ♪

生花のフラワーアレンジメントは胡蝶蘭にくらべてメリットがあるわけです。

⇒片づけが楽(胡蝶蘭の場合針金や鉢の処分が発生します)

⇒取引先様のイメージに合わせられる

⇒女性社員が多い会社では「綺麗~~」とすごく喜ばれます。

 

でもね、やっぱり「どうせ贈るなら長持ちするものが良いと思うんだよね」⇒「やっぱ胡蝶蘭かな」

と「長持ち」を重視する担当の方多いのも事実です。

しかしもう当店のお得意様なら感じていて迷わず生花にされているというところ多数です。

なぜならたくさん来る祝い花というのは・・・渡したその時が勝負!!! だからです。

そのときに「わーー!!すごい」というインパクト!!この一瞬で記憶に残されていることがほとんどだと感じます。

そのあと「あそこの会社からのはこのくらいの期間保った」とかそこはあまり重要じゃないんです。

(長持ちしたなーーって片付けるのは社長じゃないですからね。)

当店では御社と贈り先双方の社風や贈るシチュエーションを考え、法人間の花贈りに慣れておりますので

ご相談ください♪もちろんお話をお伺いして胡蝶蘭が無難だと判断するケースもあります。

 

 

男女別!おすすめ御就任祝いアレンジメント

ここでは胡蝶蘭の白い列の中で目立つ、色味のある生花アレンジを紹介いたします。

大きさは、胡蝶蘭鉢と並んでおかれても見劣りしない同等かそれより大きいものになります♪

男性向け御就任祝いには

iwaihana-shunin-red

紅白の赤と白アレンジです。おめでたい感満載!

赤バラがたくさん入っている高級感ある御就任祝いです。

iwaihana-shunin-dansei

赤を基調に落ち着いた紫やボルドーが入っています。

紫が入ることで男性宛の落ち着いた華やかさを醸します。

iwaihana-shunin-yellow

黄色とオレンジで華やか、堅いイメージの会社にもぴったり。

黄色とオレンジはまず間違いない色合わせ!明るく爽やか。

温かみもありますのでおススメしております。

 

女性向け御就任祝い花には

iwaihana-women1

おススメの大人ピンク。

地位のある女性って結構ピンク好きが多い気がします。

当店で得意のピンクを使ったアレンジです。

濃いピンクと大人なベージュ系の取り合わせがなんともおススメです。

iwaihana-women2

華やかな赤と落ち着いたベージュやボルドーが入ることで

センスが良い雰囲気になります。

センスの良い華やかな女性役員様の御就任祝いにどうぞ。

iwaihana-women3

ロマンティックな雰囲気のふんわりアレンジ。

女性らしいです。

優しい色合いがどなた宛でも喜ばれますね。