就任祝いの胡蝶蘭鉢決まり事とは?頼むときに気を付けたいこと

渋谷のお花屋さんダナエです。

胡蝶蘭の鉢の納品はされていますか?というお問合せありますが、

「はい、しております!」

アレンジメントを手配するのも胡蝶蘭を手配するのも同じ花屋やさんを使うのほうが注文も支払いも楽と思います。

当店は数多くの総務部・管理部・役員秘書 様などとお付き合いがあり、普段花の手配を任せられている人が悩んでしまい花贈りに余計な時間を割くことがないよう、花贈り案件が生じた際からのご相談から承っています

シチュエーションは様々で同じものが無いので、本来は一つ一つ贈り先様に合わせて考えるのが一番良いからです。

当店では御祝いのシーンのお話を聞いて、胡蝶蘭鉢のほうがアレンジメントよりもシチュエーションに合っていると感じたら

そのようにおすすめしております。

胡蝶蘭は他社からくる場合横並びに一列に飾られる場合が多く、

実はあんまり低い予算でしたら胡蝶蘭をチョイスしない方が良いかもというのがあります。

同じ種類のものが並ぶわけですから「これだけなんか小さいよね」となってしまいます。

相手先が手狭でという配慮もどなたかが普通のいわゆる胡蝶蘭を贈ることで横並びにされて「こっちのほうが小さいよね」となってしまうわけです。

もちろん小ぶりのミディ胡蝶蘭で「カウンターの隅に置くのにぴったりで気が利いていました」という結果もあります。

ケースバイケースです!

当店は胡蝶蘭入りのアレンジメントを推していますが、胡蝶蘭鉢でないと向かない場面もあります。

そうしたシチュエーションごとの相談も含めて、最適な胡蝶蘭鉢をご提案・納品しております。お聞かせください。

胡蝶蘭は東京では一本一万の計算でだいたい3本立ち・白は3万円(税抜)でご提供しています。

当店では3万円では鉢の下まで花が行くような長い豪華なものでご提供しております。

(*6月の株主総会付近と選挙当選周辺のお日にちは値段が変動する場合があります)。

花がそれよりも少ないもので2万円(税抜)からとなり送料がかかります。

ご予算2万円(税抜)の場合

kochoran-orchid-hachi

↑  2万円(税抜)胡蝶蘭、胡蝶蘭の中ではライトな感覚で贈れます。 ↑

ご予算3万円(税抜)の場合

orchid-30000yen

↑ 3万円(税抜)の胡蝶蘭、送り先様のコーポレートカラーでラッピング ↑

 

ご予算4万円(税抜)の場合

kochoran-hachi

↑ 4万円(税抜)5本立ちになります。5本ではライトな方です。 ↑

ご予算5万円(税抜)の場合

orchid-kochoranhachi

↑ 5万円(税抜) 5本立ち豪華なものになります。良い生産農家さんのもので豪華に取りそろえることが可能です。

 

急なご注文はじめ、札について書き方が良くわからない方、オシャレな札とラッピングにしたい方など

ご相談受付ております。

就任祝い 会長と社長の就任日が同日の場合

例えば4月1日付や株主総会の後などで「新会長と新社長の就任日が同日」の場合があります。

4月1日付 新会長○○、新社長○○ という挨拶状ないしニュースを知ったとき・・・。

■ひとりずつに納品(まとめて一つはあり得ません)

■札に御宛名を明記する 

というのが大事になります。

納品事例

 

shuniniwai_kochoran

【左】3本立ち 新社長に 【右】5本立ち 新会長に

当店の取引様の多くが、例えば新会長には5本立ち、新社長には3本立ち の胡蝶蘭と明らかに差をつけて贈っています。 同額のアレンジメントという場合もありますが結局、 会長>社長 で、ラッピングや色使いに至るまで会長より華やかにしないことは暗黙のルールのようになっています。 祝い花専門として就任祝いを納めてまいりました肌感覚からわかることといえます。

予算について

大企業の会長就任・社長就任祝いは数多くの胡蝶蘭鉢が並びますので予算としては、3本立ち3万円前後からご予算立てするのが適当と思われます。

そしてお付き合いのほどでそれ以上のご予算もというのはあると思います。

kochoran_